食器の梱包

エアキャップ、新聞紙、ラップ、牛乳パックを用意

食器の梱包って、荷造りの一つの山場なんじゃないかと思います。

 

1人暮らしの男性の中には、お茶碗とお箸くらいしか手元にない、一寸法師のような方もありますが、家族で暮らしているとそうはいきませんよね。棚から出してみるとお皿や小鉢など驚くほどたくさんあるものです。しかもほとんどが陶器ですから、運送中に割れないよう気をつかいますよね。

 

割れると困る食器類の梱包テクニックいろいろです。

 

エアキャップを使う プチプチシートやエアパッキンとも呼ばれるエアキャップ。食器を一つずつこれで包むとかなり安心ですが、間に挟みながらお皿や茶碗をいくつか重ね、ガムテープなどで固定するという簡易な方法でも大丈夫。
新聞紙を使う エアキャップは緩衝材として作られたものですから、保護能力については文句なしです。ただ、厚みがあるのでかさばってしまうという欠点があります。またエアキャップはいろいろなものの梱包に使いますから、食器にばかり使うわけにもいきませんよね。

 

新聞紙を応用することもできます。衛生面が少し気になるなら、クレープ紙というのも売っています。一度くしゃくしゃに丸めたあと、広げて食器を包むだけ。くしゃくしゃにすると表面に無数の折れ目ができるため、クッション性が増します。新聞紙は食器と食器の隙間を埋める充填材としても使えますね。

ラップで包む 大きさが同じ皿などを重ねて、ラップでぴったりと包んで食器を固定します。まとめることで体積が増えるため、箱が落ちるなど衝撃が加わったときも、力が分散して割れづらくなります。

 

昔、焼き物を輸送するときも、割れづらくするために泥を塗りながら重ねて固定していたといいますが、その昔ながらの方法に似ていますね。

牛乳パックに入れる

これは食器というよりも、ワイングラスなどを梱包するときのテクニックです。こういう足のついたグラスは重ねることができないし、細い足が折れないように包むのは難しいですよね。

 

牛乳パックを適当な長さに切ってその中にグラスを入れ、そのままダンボール箱に立てて収納すると壊れづらいです。もちろん、牛乳パックそのものを固定するのも忘れずに。

 

その他、アート引越センターでは、エコ楽ボックスという、食器専用のケースがあります。

 

これは、外箱は組み立て式で繰り返し使える素材でできているので、エコ楽ボックスという名前になっています。使い終わったらアート引越センターに返却します。

 

エコ楽ボックス

 

中はクッション性高いもので、し切れるようになっています。サイズは様々ですので、食器、グラスなどが入ります。

 

興味ある方は、このサイトのトップページから、一括見積もりで、ぜひ問い合わせしてみてください。

食器の梱包テクニック。壊れた! 割れた! とはこれでサヨナラ関連ページ

意外と大変なふとんの梱包。ふとん袋を使うコツは?
ふとんをふとん袋に収納するときは、たたんだふとんに袋をかぶせてひっくり返すと楽に梱包できます。ふとん袋はサイズが小さめが扱いやすいです。生地の強度にも注意しましょう。
台所の包丁など、刃物を安全に梱包する方法
包丁などの刃物は、タオルでくるんだだけでは、刃先が飛び出すなどして危険です。刃を新聞紙やダンボール片で包んで固定し、そのあとで箱に入れたりタオルに包んだりしましょう。ダンボール箱に「刃物在中」と注意書きすることも大切です。
ワインを引っ越し、輸送するときの梱包方法
ビン専用のダンボール箱を使うとワインも簡単に梱包できます。普通のダンボール箱を流用する場合は、ワインを横にして並べ、ワインの高さに箱を切り詰めて動かないようにフタで固定します。
アナログレコードや瓦盤を引っ越し、輸送する場合の梱包方法
レコードは縦の長さがあるので、普通のダンボール箱ではうまく梱包できません。1.5リットルペットボトルの箱を使うと、ほぼ、レコードサイズできれいに梱包できます。ただ、大事なものはレコード用のダンボール箱に入れましょう。